君が思う「親友」と、多くの人が感じている「格闘家」は、もしかするとまるっきり違っているのかも。そう想像すると、少し変な感じだね。

つむじ風になびく髪の毛と帽子

HOME

陽気に走る父さんと横殴りの雪

辺ぴなところに住んでいると、ネットショップでものが手軽に買えるようになったのが、とっても簡単だ。
その理由は、まともな本屋が市内に一軒だけしかなくて、品ぞろえもひどいから、購入したいマンガも手に入らないからだ。
取り寄せるよりはネットで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分以上かかるからとってもめんどうだ。
ネットに手慣れたら、なんでもオンラインショップで購入するようになった。
他のものもネットショップで手に入れるようになった。
電化製品は、ネットのほうが必ず安いし、型番商品は確実にオンラインショップ買いだ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

暑い水曜の夜に熱燗を
いつも、できるだけ無地のコーディネイトで出歩く私は、周りにビックリされるけど。
タイツやポーチや時計まで揃っていて、ラインで固めたいと思えば破産しそうだ。
でも、ジル・スチュアートは夢中になってしまう何かがある。

余裕で跳ねる弟と冷たい雨

太宰の斜陽は、休憩なしで読みたくなると思う。
戦時中は良い所の娘だったかず子が、根強くて引かない女性に変身する。
読んでいて素晴らしいと思ってしまった自分。
これくらい、誰にも恐れない行動力と、固い我が戦後は必要であったのだろう。
しかし、上原の奥さんからするとウザいだろうとも思える。

前のめりで歌うあの子とファミレス
アパレル屋さんって絶対勤まらないなど考えるのは自分だけだろうか。
勤務中、徹底的にコーディネイトしないといけない。
私なんて、会社で仕事する時はスーツ着るといいし、化粧だってしてればそれでよし。
休日も、自分が納得する格好で良いし、家で仕事するときはワンピース一枚で大丈夫。
なので、おそらく、服を売るなんて商売には、向いていない。
服を選んでいると、店員さんが話しかけてきて服の説明やコーディネイトを教えてくれる。
私はどうしてもそれに緊張してしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う事の大きい理由の一つだ。

悲しそうに叫ぶ兄弟と俺

見とれるくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
昔一度だけ出会いました。
電車の中で20代後半くらいの女性。
女の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれだけ手入れをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
だけど、それ以外でにじみ出るオーラは確実にありますよね。
日本には魅力的な方が多くいるんだなーと思いました。

風の強い大安の午後にお酒を
新聞の記事に、日本人女性の眉毛に関して、面白い話がまとめてあった。
なるほど、と思えば、次第に色っぽさも感じてくるので面白い。
パッと見は、奇妙なものにも見えるが、江戸時代では既婚者である女性の印だという。
意味を知ると、次第に色香まで感じられるので不思議だ。

笑顔でお喋りする弟と突風

行ったことはないのだけれど、日が暮れての動物園は、夜に活動的な動物がとてもはつらつと活動していて見ておもしろいらしい。
行ってみたかったけれど、夜の暗さの中での動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、娘がもうちょっと夜もおきていれるようになったら行ってみようと考えている。
もう少し理解できるようになったら、間違いなく、娘も楽しんでくれるだろうから。
昼の動物園と隔たりのあるおもむきを妻も私もドキドキしながら経験してみたい。

無我夢中で泳ぐ姉妹と公園の噴水
過去にものすごく肥満体型だった時期に、毎回欠かさなかったのがシュガートーストだ。
酷い時は、夕食の後に2枚以上食べた時期もあった。
さらに同時に、マッシュポテトに取りつかれてしまいデブの道へワープだったあの頃の自分。
試したダイエット方法が無謀なものばかりだ。
例を挙げると、14日間スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープのみのダイエットだ。
出先にも水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
次が枝豆を夕飯に置き換えるという痩身法。
全部、今の自分には無謀。
その後、2年ほどで生活習慣を変えると、あっという間に元通りに。
なんでも時間をかけてするのがベスト。

控え目に口笛を吹くあの人と読みかけの本

チカコのアパートのベランダで育てられているトマトは、かわいそうなミニトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水を与えなかったり、好奇心でコーヒーを与えてみたり、OJを与えたり。
大分飲んだ私たちに、ウイスキーを与えられた時もある。
ミニトマトの親である友達は、機会があればぜひトマトジュースをあげてみたいという。
興味津々でミニトマトの意思は完全に関係ない。

風の強い休日の夕方は椅子に座る
元ブラビのビビアン・スーは、美人で努力家で才能ある女性だ。
年齢が30代終盤なんて、少しも信じることが出来ない。
昔見たTV番組で、今でも覚えているのが、彼女が、英語のインタビューにアンサーしていたすがた。
まだ学習中みたいだったけれど凄く一生懸命だった。
現在は英語も日本語だって、じゅうぶんペラペラなんだろうなーと思う。
努力家であるビビアン・スーの素敵さは目を見張る位である。

調剤薬局の薬剤師の求人
薬剤師の求人・転職の情報、就職しようと希望しているなら、どうやって検索する?ウエブの求人検索サイトを使ってみては?
過払い金 無料相談
借金返済や過払い金についての無料相談はコチラ。司法書士・弁護士が、お金の悩みを解決へ導いてくれます。

カテゴリ